トップページ | タクシーに乗ってみた »

travelの原義は

 「骨折り」なんだそうで。(ジーニアス英和辞典 第1版 より)

 1年前より計画を立て、半年前より仕事を調整してgetした夏休みにポルトガル旅行に行ってきました。 そのときの体験を綴ってみたいと思ったのですが。 その前に、この出来事を語らないと気が済まないので、ちょこっとだけ。

 今回旅行の手配を頼んだIA●Eトラベル。 出発日前日の夕方にいきなり、「予約したホテルがオーバーブッキングになったので、別のホテルを手配したい」との電話。 なんでそんなことになったか理由を聞くと、「泊まる日を間違えて予約した」との答え。 それを聞いた私は、「何で前日まで分からなかったの??、それはオーバーブッキングではなく、手配ミスと言うのでは??」 と疑問符飛ばしまくってしまいました。
 
 しかし、そうは言ってもすでに起きてしまった出来事。 どうフォローするかで評価が分かれますが、今回は最悪レベル。 
・担当者が自分の部下にフォローの電話を入れさせる (最後まで責任持って対応してよね) 
・危険地域にあるホテルに泊まらせようとする (イヤだって言ったのに)
・挙げ句の果てには「予約の最終確認は明日(出発日)の朝になるが、弊社の営業時間は朝の10時だから、それ以降に連絡します」。 (あの、私の飛行機のチェックインは朝の10時なんですけど・・・・)

 ま、無事に帰国できたのでいいんですけど。
 今回この件の対応にtravelの原義どおり「骨折り」してくれた同行者G嬢に感謝。

|

トップページ | タクシーに乗ってみた »

コメント

travelの原義が「骨折りだなんて!」。驚きですね。
それにしても旅行会社の担当者の頭の中はどうなって
いるんでしょうかね?大きくクエスチョンマークです。
レポ楽しみにしていますね。

投稿: kanransha | 2005/09/27 19:50

私もホントに担当者の頭の中を割って見てみたいと思いましたよ。
いい勉強になりました。トホホ。
kanranshaさんのblogも楽しみにしてま~す。

投稿: c7 | 2005/09/29 02:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62823/6121090

この記事へのトラックバック一覧です: travelの原義は:

トップページ | タクシーに乗ってみた »