« タクシーに乗ってみた | トップページ | テジョー川を渡る »

リスボンの地下鉄に乗ってみた

 リスボン観光で一番お世話になったのがこの地下鉄。
 ヨーロッパやアメリカの映画に出てくる地下鉄を見て、暗くて汚くて危険と信じ込んでいた私にはちょっとカルチャーショックなくらい快適な乗り物でした。 でも暗いのは当たっている。
 
 地下鉄の車両は、JRの車両によくあるボックス型のシートになっていて、つり革がステンレス製!なんですよ。天井に固定されていて、日本のように動かないのです。 また、電光掲示板で次の駅を知らせてくれ、車内アナウンスもあります(そっけなく駅名を言うだけですが)。 停車駅の一覧表ももちろんあります。
 駅の中はというと、一番びっくりしたのが必ずアートがある、という点です。 マネキンが置いてあったり、壁に絵が描いてあったり。しかも各駅異なる趣向なので、次の駅はどんなアートなのか楽しみにしてました。eki_manekin
 切符や改札口はというと、改札口は全て自動改札で、 ジュースの自販機のような形の切符の自動販売機もあるし、使い勝手はほとんど日本の地下鉄と変わらない思いました。

 で、一番心配なのは「安全なの?」ということだと思いますが。
 これがまた、びっくりするぐらい安全なのですよ。 私が利用したのはGaivota線、Girassol線と、Garavela線のRossio駅~Cais do Sodre駅間ですが、物乞いや挙動不審な(酔っているか、薬をやっていそうな)変な人も見なかったし、絡まれることも無かったです。 一応周囲の乗客を見て、家族連れや若い女性の多い車両を選んで乗りましたが。 夜の9時半頃まで利用して、今回の旅では危険な目には遭いませんでした。

 ただ、現地に住む日本人のHPや在ポルトガル日本大使館のHPでは、Garavela線のintendente駅周辺とOriente線周辺は治安が良くないと書いてあり、この区間を利用するときは要注意。 どちらの区間も別の交通機関(Garavela線のintendente駅周辺は市電28番線、Oriente線はポルトガル国鉄(CP))で通り過ぎたことがありますが、どちらの街も電車の窓から見る限りですが、雰囲気はあまり良くないと思いました。 
 どちらも麻薬関連の事件が多い地帯だそうなので、色々気を付けることが必要かと。

|

« タクシーに乗ってみた | トップページ | テジョー川を渡る »

コメント

ポルトガルの地下鉄のひみつ。ぷぷっ、笑える!
マネキンのポーズがなんともいえませんよね。ほんとユーモラスなこと。
日本の地下鉄も見習って、見ごたえのあるもの置いて欲しいです。
どこを降りてみても同じじゃ、つまらないよね。レポ楽しみにしてるね♪
←なにげに催促?!

投稿: kanransha | 2005/10/05 18:52

おお、マネキンniceでしょ。 駅の照明が暗くって手ぶれしてしまっているのが悔しいのです。 もっと腕を磨かねば。
文章は下手だけどいっぱい書きためてあるのだけど、写真の整理が追いつかなくて、レポアップ遅れ気味です。 何しろ合計1300枚。 自分でもよくもこんなに写真とったよな~とあきれてます。 でも、書くたびに旅行を思い出して、また行きた~いと思ってますよ。

投稿: c7 | 2005/10/05 22:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62823/6119390

この記事へのトラックバック一覧です: リスボンの地下鉄に乗ってみた:

« タクシーに乗ってみた | トップページ | テジョー川を渡る »