« バイロ・アルトお散歩 | トップページ | アルファマの泥棒市 »

リスボンの市電に乗ってみた

 ポルトガルを旅行したいと思った動機の一つが、この市電の走る街の風景で。 私が乗ったのは28番線という、シアード、バイシャ、アルファマと観光地を巡る路線です。 この路線は狭い路地を走るので、道路に面している建物の中まで覗くことが出来て、車窓はかなり楽しめます。
 
romen_densya_2
 まずは、バイシャ地区のテジョー川寄りにあるConceicao通りから、この路線のメインディッシュの一つであるアルファマ方向に乗りました。 のっけから思わず「よいしょ」と声を掛けてしまいたくなる急坂で、本気でこの電車で上がれるのかと思うほどです。 線路の引いてある道も幅が狭く、歩道で路面電車を撮るためにカメラを構えている観光客を引いてしまうのではないかと錯覚するほどです。 時々線路が単線になり、本当に建物すれすれを電車は走ります。 レストランの外壁に貼ってあるメニューも読めます。 で、観光地に着くと運転手が見所を大声で叫んでくれるので、迷わずに降りる事が出来ます。 こっち方向の終点は、フィゲイラ広場のムンディアルホテルの裏なので、そこから乗っても良いかも。 ただし、ノッサ・セニョーラ・グラサ教会までの区間は治安が良くないそうなので、途中下車しない方が無難。

 反対方向のシアード地区に向かう路線はというと。 また、いきなり急坂で急カーブで単線になり、スピードも早くなり思わず「うおー」と叫びたくなるくらいスリル満点です。 シアードのカモンエス広場付近ではさすがに道幅が広くなるのですが、ケーブルカー・ビッカ線の駅を過ぎるとまた狭くなり、商店が続いているので電車に乗りながらウインドウショッピングが楽しめます。 こっち方面の終点はエストレラ大聖堂のさらに先にあるCampo de Ourique地romen_densya_1区。 普通の住宅街です。

 そして、この市電のもう一つの楽しみは、運転手がみな「若い」ことです。 しかも結構「イケメン」。 市電に向かってカメラを向けるとにこっと笑ってくれる運ちゃんもいて、私は密かにチェックしていました。えへ。 あ、停留所は上部に路線番号を書いた板が付いた黄色いポールなのですが、ポールが設置出来ないくらい狭い路地では、路地の上部にワイヤーで板だけぶら下げてあります。

|

« バイロ・アルトお散歩 | トップページ | アルファマの泥棒市 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バイロ・アルトお散歩 | トップページ | アルファマの泥棒市 »