« ポルト日帰り旅行 | トップページ | リベルダーテ広場 »

サン・ベント駅

sao_bento_station_1  ポルト観光の起点となるサン・ベント駅。  

 駅と言えば電車に乗り降りするだけと考えがちですが、このサン・ベント駅は、駅そのものが芸術品なのです。 ホーム部分は天井が高く明るいのですが、普通の駅と変わらずどこが芸術品なんだと拍子抜け。 きょろきょろしながらそのまま外に向かって歩いていくと待合スペースにたどり着くのですが、ここの壁に目を向けてびっくり。 壁が四面ともアズレージョで埋め尽くされているのです。 思わず圧倒され、立ちすくんでしまいました。  

sao_bento_station_3  ガイドブックによると、ここのアズレージョはその8割方が建築当時のものが残されているそうで、少し青色が薄くなっています。 でもその分歴史や品の良さを感じさせられるので、いいかも。 アズレージョに描かれている絵をよく見ると、面積の大きなものは戦いの風景が多く、隙間にはめ込まれているアズレージョには農村の風景が見られます。 きっとポルトの歴史的な出来事や、生活風景がかかれているんだろうなぁ。sao_bento_station_2  

 また、さりげなくカラータイルで出来た汽車の絵もはめ込んであったりして、ここは駅なんだぞーと主張しているようで、かわいかったです。 その他にも、壁にかかった緑色の大時計や天井など、細工がレトロ感あふれていたり、美しかったりして、いつまで見ても飽きない空間でしたヨ。 

|

« ポルト日帰り旅行 | トップページ | リベルダーテ広場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポルト日帰り旅行 | トップページ | リベルダーテ広場 »