« ポルトガル国鉄 アルファ号に乗ってみた | トップページ | サン・ベント駅 »

ポルト日帰り旅行

porto_one_day_trip_2  ポルトガル第2の都市で、その歴史はローマ時代にまで遡る街、ポルト。 旧市街地が世界遺産に指定されている古都です。 ポルトに宿泊する日程的余裕が無かったので、リスボンから特急列車に乗り朝の10時半にポルトに到着し夜7時の電車でポルトを発つという、日帰り旅行を計画しました。 東京から京都に日帰り旅行するようなものなので行くかどうか迷いましたが、本当に行って良かった~。

  特急列車はポルトのCAMPANHA駅に到着する寸前にドウロ川を渡るのですが、まずはココが絶景です。 電車の中で寝ている場合ではないです(乗客のほとんどは寝てましたが・・・)。 谷が深く、川の水が真っ青なのです。 谷の茶色と水の青色のコントラストがすばらしく、どこの渓谷に来たのと思ってしまう雰囲気に思わず息を呑んでしまいました。 ポルトの市街地はCAMPANHA駅から電車で一駅のサン・ベント駅が入り口なので、CAMPANHA駅で特急列車から普通列車に乗り換えましたが、この路線はドウロ川沿いを進むのでまたまた絶景を楽しめます。

porto_one_day_trip_1 そして、サン・ベント駅から一歩外に踏み出すと、リスボンとは全く異なる重厚な市街地が広がっていて、ここでもまた息を呑んでしまいました。 リスボンと同じく丘の斜面に張り付いた街で、リスボンより坂が急なので体力使うのが玉にキズですが、この街の建物の彫刻やアズレージョの美しさときたら、ホントにもう! リスボンの建物があっさり系なら、ポルトの建物はこってり系で、建物によっては彫刻だらけ、アズレージョだらけなのです。 時間を忘れてうっとりと見とれてしまいました。 

porto_one_day_trip_3  駅を一歩出ただけでノックアウト状態でしたが、街を歩き始めるとさらにすごくて、10歩歩いては写真をぱちりで、全然足が前に進みませんでした。 全て写真に納めて帰りたい!と本気で思うぐらいすばらしかったです。 ココで載せた写真は全てサン・ベント駅前です。 この風景を重厚さに圧倒されながら5分以上眺めていました。 

 ああ、もう一回行きたい! 

|

« ポルトガル国鉄 アルファ号に乗ってみた | トップページ | サン・ベント駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポルトガル国鉄 アルファ号に乗ってみた | トップページ | サン・ベント駅 »