« リスボンのショッピングセンター | トップページ | ポルトガルでクレジットカードを使う »

オリエンテ駅

oriente_station_3  リスボンは石畳の道とどっしりとした建物の、いかにも「ヨーロッパ」な街なのですが、そんな街にも現代建築物があります。 それがオリエンテ駅です。 この駅一帯はEXPOの会場跡地で、駅に直結しているヴァスコ・ダ・ガマショッピングセンターもアトリウムの気持ちがよい現代建築となっていますが、私のお薦めはあくまで駅。

oriente_station_1  この駅は、躯体がコンクリートの打ちっ放しで、地下からホーム直下まで3~4層分吹き抜けとなっていて、太いコンクリートの梁がアーチ状に架かっています。 そしてホーム部分はというと、白くペイントされた鉄骨の柱が所々に建っていて、まるで傘のような姿をした屋根を支えているのです。 無駄がなく、これぞ構造美といったところでしょうか。 初めて見たときには感動のあまり、しばし無言になりました。 ただ、屋根の位置が高すぎて雨が降ったら傘が必要そうです。

oriente_station_2  そんでもって、この駅の設計者、切符の販売場所等のオフィススペースを考えなかったのか、ホームの下にそういった部屋が無いのです。 近距離の切符はスタンドアロンタイプの券売機があるのですが、特急券売り場やインフォメーションは、なんとだだっ広い空間にプレハブ小屋を設置しているのです。 トイレもプレハブ小屋だし。 さすが現代建築。 意匠ばかりに力入れて、使い勝手わろし。 でも外観は美しいのでお気に入りです。 

|

« リスボンのショッピングセンター | トップページ | ポルトガルでクレジットカードを使う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リスボンのショッピングセンター | トップページ | ポルトガルでクレジットカードを使う »