« シントラの王宮 | トップページ | ペナ宮から大西洋を眺める »

ペナ宮

pena2  シントラの見所としては一番のお勧めはペナ宮です。 このお城、外観はディズニー映画に出てきそうなほどの漫画チックでパステル調の色彩を持つので、男性陣は見ただけで嫌いになりそうですが、インテリア好きには一押しでおすすめですよっ。

 何が良いって、内装、特に壁と天井が良いんですよ。
 内部は撮影禁止で、内部に入るときに受付でカメラを預けます。 最初に階段を上がるのですが、ココでは手すりに注目です。 ツタを模したデザインになっていて、途中でわっかが出来ていたりしてかわいいのです。 階段を上がるとイスラム風の中庭と回廊があり、その四方に部屋があります。 ここからは部屋の壁紙と天井に注目。
 王様の食堂では、天井が低くて、えっと思いますが、壁のタイルが星形でかわいいです。 王妃の部屋は天井が高くドーム状になっており、壁紙代わりの壁に刻んだ模様が細かくて注目です。 謁見の間のような所のピンクの壁もかわいかったです。 礼拝室にある祭壇の彫刻も、大理石を彫ったような質感で、とても繊細な造りとなっていて、ため息が出るくらい見事でした。 あまりおどろおどろしくないのも好感度が高かったです。

pena1  また、この宮殿では家具にも注目です。 王宮の家具はシンプルの一言に尽きましたが、このペナ宮の家具は一つ一つがとても見事な細工がしてあります。 それでもって実用的な感じがするので、何となく生活感のある宮殿だなぁと、変な感想を抱いてしまいました。 ペナ宮はガイドがいないので、自分のペースで歩けるのですが、もっとじっくり時間を掛けて見たかったと感じるほどの充実度でした。 カメラさえ預ければ何度でも見に行けるので、もう一回見学に入れば良かった、とちょっと後悔。

 見学のあと、撮影出来なかったのが悔しくて、おみやげ売り場で写真集を買おうと思ったのですが。 30e近くする写真集はその8割を外観の紹介で占めていて、内装のことなどオマケ扱い。 絵はがきが外観編、内装編の2種類があったので内装編を8eで買いました。 ああ、誰か内装編だけの写真集を作ってくれないかなぁ。

 ペナ宮の行き方は、シントラの王宮の近くにあるインフォメーションの前のバス停からバスに乗ります。 バスの路線は2~3系統あり、ペナ宮に行くのは1つだけなのでインフォメーションで確認を。 バスの料金は3.7eで、バスの運転手さんに「ペナ宮」と言って支払います。 チケットをくれますが、3.7eは往復の料金(一日乗車券らしい)のでなくさないように。 
 シントラの王宮からペナ宮までの道のりはバスで20分くらいかかり、箱根の山道も真っ青の急坂なので、徒歩で行くのは止めた方が無難です。 
 
pena3 また、ペナ宮の拝観料は6eです。 ガイドブックに「日曜日の午後2時までは無料」と書いてありましたが、嘘です。 リスボンカード所有者は無料でチケットをもらえますが、それ以外はお金払います。 日曜日の12時半に行ったのに~。 でも、私はインテリア好きなので、6e支払っても大満足でしたよ。  

|

« シントラの王宮 | トップページ | ペナ宮から大西洋を眺める »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シントラの王宮 | トップページ | ペナ宮から大西洋を眺める »