« 赤柱(スタンレー) | トップページ | 失われつつある景色に思うこと »

香港仔(ヒョンゴンジャイ/アバディーン)で船に乗る

 香港仔(ヒョンゴンジャイ/アバディーン)は、かつては水上生活の景色や水上レストランなどで香港有数の観光地として栄えたそうですが、現在は香港の普段着の街です。 赤柱(チェチュウ/スタンレー)からバスでおよそ15分、香港仔のバスターミナルでバスを降ります。

 バスを降りて、まずは香港仔海濱公園へ。 ここは湾に沿って遊歩道が整備されていて、対岸の冗談のように背の高いマンションに圧倒されながらしばしお散歩を楽しみます。 すると、どこからかおばちゃんが寄ってきて何やらメモを見せながら話しかけてきます。 良く聞くと、船で湾内を見学しませんかとのこと。 60ドルを50ドルに値切ると簡単にOKが出たので、船に乗ってみることにしました。 案内されたのは小さな漁船。 観光用に船の縁に椅子代わりの板が打ちつけてあります。 人のよさそうなおじさんが船長です。 

Hkaberdship1
 岸を離れると、まずは水上生活者の生活する船の集落へ向かいます。 昔ほど水上生活者の船は無いそうですが、それでも結構密集していて、洗濯している姿や魚をさばいている姿が見えます。 干物を干している船の写真を一生懸命取っていると、船長さんが船を近くまで近づけてくれました。 近づけるのは良いのですが、作業している人と目が合ってしまうとちょっと気まずい雰囲気が。 彼らが生活そのものが「見世物」なので。

Hkaberdship2
 船の集落を15分程度見学した後、集落を離れて船は一気にスピードを上げます。 心地よい風を受けながらどこに行くのかなと思ったら、なんと水上レストラン「ジャンボ・キングダム」へ。 名前を知らなくても、香港ロケのあるドラマや風景写真などで誰もが一度は見たことがあるアレですよ。 「あー! あの水上レストランはここだったのねー!」と一度も訪問したことないのに、なんだか懐かしい気分になりました。 レストランに上陸するわけではなく、レストランのまわりを1周しただけなのですが、さすが香港と思ったことが一つ。 それは、あのレストランは香港島側から見ると豪華絢爛なのですが、裏側から見ると単なる張りぼてなのですよ。 観光客の目に触れるところしか飾り立ててない! 腹を抱えて笑ってしまいました。

Hkaberdship3
 見所はこの2つなのですが、香港仔の街は香港島の急斜面に張り付いた街で、30階建ての高層マンションがこれでもか、と張り付いているのに圧倒されて結構見ごたえのある船旅でした。 

|

« 赤柱(スタンレー) | トップページ | 失われつつある景色に思うこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤柱(スタンレー) | トップページ | 失われつつある景色に思うこと »