« フランス語至上主義の | トップページ | ドラゴン航空に乗ってみた »

思い立ったが吉日(香港旅行のきっかけは)

 120%満喫したポルトガル旅行から帰って1ヶ月後の11月初旬、片付けてもどんどん湧き出る仕事に辟易していた私は久々の休日に友人A、友人Yとご飯を食べ、鬱憤晴らしをしたのですが。 その後、帰宅するために最寄駅に向かう途中、年の瀬の話題になり「今年のお正月はどうするの?」という一言が今回の香港旅行の発端となりました。 
 「実家に帰るのめんどくさいな~」(←親不孝者)、 「どっかぱーっと旅行でも行きたいよね」(←親不孝者その2)、 「久々に香港に行きたいなー」と続いた後、「じゃ、香港行ってみる?」の一言で駅に向かっていた足を本屋に変更し、旅行雑誌をひとしきりチェック。 その場で日程と予算を決め帰宅。 月曜日に旅行会社にメールで問い合わせ、火曜日に予約、木曜日には入金と、とんとん拍子に話が進みあっという間に正月の香港行きが決定。 まさしく思い立ったが吉日でした。

 今回ツアーを申し込んだ旅行会社、旅工房は池袋にある会社で、空港~ホテル間の送迎付+全行程フリープランのツアーの中で一番安かったので問い合わせたのですが、これが大当たり。 もちろん、いくつかの行き違いはありましたが、全て丁寧に対応していただいたので全くトラブルには発展せず、信頼度が高まりました。 ポルトガル旅行の手配をお願いした会社の担当者があまりにも酷かったので(←まだ言ってるよ)、よけいに丁寧さが身に沁みました。 ありがとう、旅工房さん。

 旅行後は年末以上に仕事が忙しくなり、自分がブログを持っていたこと自体を忘れていましたが、仕事がひと段落したので香港旅行の思い出をupしてみようと思います。

|

« フランス語至上主義の | トップページ | ドラゴン航空に乗ってみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フランス語至上主義の | トップページ | ドラゴン航空に乗ってみた »