« Express by Holiday Inn Causeway Bay Hong Kong | トップページ | 香港仔(ヒョンゴンジャイ/アバディーン)で船に乗る »

赤柱(スタンレー)

Stanley
 赤柱(チェチュウ/スタンレー)は香港島の南側にある海辺の街です。 香港島・中環の交易廣場にあるバスターミナルから2階建てバスに乗ること30分。 海と周辺の島々が見えるのどかな風景が広がりつつも、バスがひっくり返るのではないかと心配するような急カーブの続く細い道を猛スピードで突進した先に赤柱はあります。 
 バスは最初に赤柱廣場(Stanley Plaza)というバス停に到着しますが、 ここは終点ではなく、スタンレーの中心地やバスターミナルからは少し歩きます(といっても10分程度)。 でも、ショッピングセンターがあったので下車してみました。

 ショッピングセンターは海から続く斜面に建っていて、バス停部分が最上階にあたるようです。 どの階にもテラスがあり、そこから眺める海がとてもきれいでした。 しかしここはスーパーやデリカッセンなど金持ち地元客向けの店が多いのでさっさと外へ。 ショッピングセンターの外は広場になっていて、その一角に天后古廟があります。 地元の人が管理しているのか清々しい廟で、中に入ることができ、建物の脇には日本語の案内板もありました。

Stanley2
 目的地であるスタンレーの中心地に向かうには、海沿いの道路を歩きます。 道沿いにはオープンカフェ形式のレストランが軒を連ねていて、ここだけ見ると香港ではなく欧米風リゾート。 朝からヨーロッパ系の方々がにぎやかにテーブルを囲んでいました。 ただし、中心地に向かうほどお店はアジアンマーケットに近くなり、赤柱のバスターミナルから続く赤柱新街(Stanley new st.)に出るとまさしく香港のにおいが。

 スタンレーマーケットの名物は「花文字」なんだそうで、マーケットのいたるところで目につきます。 花文字とは、文字をめでたい花や動物で装飾して書いたもので、紙に書いてもらいたい文字を書き申し込むと、目の前で一気に書き上げてくれます。 そして、装飾に使っためでたい品々を、あらかじめ用意してある一覧表を指差して教えてくれるのです。 一人一人の図柄が全く異なるので、結構楽しいですよ。 漢字だけでなく、ひらがなもOK。 一番小さいサイズ(プリントの写真サイズ)で120ドルでした。 

Stanley3
 そして、スタンレーマーケットの中心は通路に屋根がかかっていてちょっとだけ薄暗いのですが、シルクっぽい洋服や小物を扱うお店や判子屋さん、花文字のお店など、お土産屋が軒を連ねていて冷やかすのがとても楽しい空間です。 ちょっと迷路っぽくて、わくわくします。 で、アジアの露店で楽しいのは値切り交渉かと思うのですが、ここのお店の方々はお堅いというか、あまり値切り交渉に応じてくれないのですよ。 何でだろうと思ったら、実は、売値がとても安い。 九龍半島の女人街での値段の1/3程度なのです。 安っ! いわゆる香港っぽい小物などを手に入れたければ、スタンレーマーケットは非常にお勧めです。

|

« Express by Holiday Inn Causeway Bay Hong Kong | トップページ | 香港仔(ヒョンゴンジャイ/アバディーン)で船に乗る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Express by Holiday Inn Causeway Bay Hong Kong | トップページ | 香港仔(ヒョンゴンジャイ/アバディーン)で船に乗る »