« 2007年4月 | トップページ | 2011年4月 »

お品書き

 このブログは、旅行の思い出をつらつらと綴った旅行記です。

 別に珍しい体験をしているわけではありませんが、実生活で語る旅行の話って楽しいのは行った本人だけで、聞いている人は微妙だと思うので、語るのを躊躇するのです。 でも、楽しかった事はやっぱり誰かに話したい。 なので、興味が少しでもある人しかたどり着かないブログで「楽しかったんだよー!」と叫んでいます。

 かなり自己満足型ブログですが、お楽しみいただければ幸いです。

 このブログは以下の旅行地のカテゴリーで構成されています。 画面の右側にあるカテゴリー欄をクリックすると読むことが出来ます。

◆2005年ポルトガル旅行 (更新終了)
  2005年9月末に行ってきました。リスボン・ポルト・シントラの3箇所に分けてあります。 また、現地で驚いたことなどを徒然編にまとめてあります。
 
◆2006年香港観光 (のろのろ更新中 ←更新停止)
  2006年元旦に行ってきました。観光地のことは観光編に、現地で驚いたことなどは徒然編にまとめてあります。


◆2012年スイス旅行 (がんばってupします)
  2012年夏にアコガレのスイス旅行に行ってきました。お山をメインに観光してきたのでハイキング編、観光編(都市部)、驚いた事・関心したことを徒然編にまとめる予定です。


◆東京散歩 (ごくまれに更新)
  東京でお散歩をして、心が震えることがあればココに。


  

|

日食見ました~!

仕事で沖縄に行くので、イベントとかち合うことはまず無いのですが、今回の日食はちょうど沖縄に居合わせることが出来ました。 日ごろの行いが良かったと自画自賛中です。

当日の沖縄本島中部は雲の多い晴れ空で、時々厚い雲がかかる程度の絶好の観測日和。 10時頃より太陽が上から欠け始め、10時45分過ぎには細い三日月状態になり、55分頃には下の方に少し明るい部分が見えるだけになりました。

沖縄本島は90%程度太陽が欠ける部分日食だったそうですが、太陽が一番欠けた時間は、それまでうるさいぐらい鳴いていた蝉の声がぴたっと止まり、沖縄本島はセピア色に包まれました。 皆既帯では真っ暗になったそうですが、太陽の光が1割あると、暗闇にはならないのですね。 
しかしながら、セピア色の世界はちょっと不気味で、昔の人が日食を「不吉だ」と思った気持ちが良くわかる現象でしたよ。

私が今回沖縄に行ったのは、くどいようですが「仕事」で、当日の日食の時間ももちろん会議中でございました。 にもかかわらず日食を見れたのは、沖縄側の担当者が「本日は世紀のイベントがありますから」と会議のしょっぱなに宣言し、10時45分頃に議題が一つ終了したのを受け、「では、今から世紀のイベントを見学しましょう」と率先して席を立ち、建物の外に出たからなのです。 ちゃんと日食を見るためのサングラスも用意されておりました。

日食を見学した後は、会議室のテレビを付け、日食のテレビ中継を一通りチェックし(悪石島は雨で残念でしたね・・・)て余韻を堪能し、「では、議題に戻りますか」との掛け声で、 何事もなかったかのように議題に戻った次第です。 


私的にはまさに世紀の大イベントでございました。

| | コメント (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2011年4月 »