« ローザンヌの旧市街を散歩する | トップページ | ベルナーオーバーラントでハイキングのプランニング »

ローザンヌのレストラン Grand-Chene

スイス旅行2日目の昼ご飯はローザンヌでレストランに入りました。 このお店はガイドブックに載っていたのですが、スタッフがフレンドリーで私たちのホントに拙い英語を辛抱強く聞いてくれて、サービスがとてもよいお店でした。

場所は地下鉄のフロン駅から徒歩5分くらい、サン・フランソワ教会の近くにある ローザンヌ・パラス&スパ(Lausanne Palace & Spa)というホテルの1階で、表通りから直接レストランに入れます。 レストランに入るとすぐにスタッフの人が笑顔で人数を聞いてくれて、2階の席に案内してくれました。

メニューはアラカルトとワンプレーとのランチメニューの2種類があり、私はレマン湖周辺の郷土料理 フィレ・フォ・ペルシェ(白身魚のソテー)とサラダを、同行者はお肉とロシティ(スイス風ハッシュドポテト)のワンプレートのランチメニューを注文しました。 
そしたらウエイトレスのかわいい女の子が、同行者のワンプレートは私のアラカルトと出すタイミングが違うから、もう一品頼んだほうがよいのでは、と(たぶん)言ってくれたのですが、たぶん食べれないからこれで大丈夫ということで、このままにしました。注文の仕方って、難しいなーと思った一コマでした。 
多分同席者でワンプレートメニューかアラカルトかで合わせたほうがよかったのでしょうが、お互い食べたいものが全く異なったのでこんな感じに。

そして、やっぱり私のサラダが先に来て、サラダを食べ終わったら白身魚のソテーとワンプレートランチがやってきました。 で、頼んでいないフライドポテトの山盛りまで。 フライドポテトは会計のレシートにも入っていないので、アラカルトを頼むとメインの付け合わせ感覚でついてくるようです。 
で、お味のほうですが、白身魚のソテーは淡白な味でレモンをかけておいしく頂きました。 同行者の料理も味見させてもらいましたが、お肉は結構味が濃いですが美味く、ハッシュドポテトはあっさりいも味でお肉のお口直しにとてもよかったです。
そして、あまりの分量に慄きつつも、メインは完食、ポテトは半分くらいまでは食べました。 このとき、もう夕飯は要らないなと思うくらいお腹がはちきれそうで、すぐには動けないくらいでした。

食後に飲み物とデザートはと聞かれましたが、お腹がいっぱい過ぎて入らないので要らないといってお会計をしてもらいました。 料理の量は半端なかったですが、味、接客共にとても満足なお店でした。

客層は、服装はカジュアルなものの、大人が休日の昼ごはんを友人同士や家族(この場合子供も大人も成人)で食べに来るような、品の良い感じのお店です。  あと、料理が出てくるまで時間がかかるので、急いでいるときには向かないかもと思いました。
お値段は、食前のお酒込みで、2人で100Fくらいでした。

Filet_de_perche
Oneplete

|

« ローザンヌの旧市街を散歩する | トップページ | ベルナーオーバーラントでハイキングのプランニング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ローザンヌの旧市街を散歩する | トップページ | ベルナーオーバーラントでハイキングのプランニング »