« ローザンヌのレストラン Grand-Chene | トップページ | ユングフラウヨッホ展望台に行く »

ベルナーオーバーラントでハイキングのプランニング

ジュネーブから一日かけてインターラーケンに移動し、待望のハイキングの始まりです。

ハイキングの一番の目的は「アルプスの少女ハイジの雰囲気を堪能する!」で、アルプスの雄大な山々を眺めながら草原を歩くというものでした(笑)。 実質ハイキングに使える時間は2日間。 インターラーケンに着いたあと、ホテルでガイドブックを見ながら同行者と真剣にプランニングしました。

プランニングに使ったのは、日本から持ってきたごく普通の観光ガイドブックと、インターラーケンオスト駅の待合室に配架してあったベルナーオーバーラントの登山列車時刻表、ルートマップです。 

登山列車時刻表は冊子タイプで、路線ごとにほぼ完全な時刻表が載っていて、写真と簡単なガイドも載っているという超すぐれものでした。 日本語と英語とフランス語かな?の数ヶ国語バージョンなので、それを持っていれば鬼に金棒ですよ。 私は日本で散々苦労して登山鉄道会社のHPから時刻表をダウンロードしてきたのですが、全く同じ冊子が無料で置いてあったことで苦労が水の泡に・・・。 コレのことです↓
http://www.jungfrau.ch/en/sommer/tourism/travel-information/timetable/download/


P1060189_2
念のため、2万5000分の1の地形図(ハイキングルート付き)をクライネシャイデック展望台のお土産屋さんで買いましたが(32.5フラン クレジットカードで支払い可能です)、人気のあるコースであれば道がしっかりしていて迷いようがないのと、人が多いので必要ないかも・・と思いました。 でもこの地形図、とても美しくて、地図好きにはたまらないお土産になります。
写真が購入した地図です。たたんだ状態でガイドブック「地球の○○方」くらい、広げると模造紙くらいの大きさになります。

で、同行者とあーでもないこーでもないと頭をひねりつつ決めたのが、
初日の午前中に標高3400mにあるユングフラウヨッホ展望台に行く
初日の午後は2000mの位置にあるクライネシャイデック展望台からグリンデルワルド方向にハイキング
2日目の午前中はメンリッヒェン展望台からクライネシャイデック展望台にハイキング
2日目の午後はラウターブルンネンのお散歩
というプランでした。

で、初日の疲れ具合を見て、2日目はコース変えてもよいかもねなど話しながら、さっさと夜8時には寝ました。
ハイキングは早出が基本ですからね。


|

« ローザンヌのレストラン Grand-Chene | トップページ | ユングフラウヨッホ展望台に行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ローザンヌのレストラン Grand-Chene | トップページ | ユングフラウヨッホ展望台に行く »