« ハイキングの服装・荷物など | トップページ | ツェルマットでハイキングのプランニング »

スイスのスーパー「COOP」を覗いてみた

旅に出たら地元のスーパーを覗くがモットーの私なので、スイスでもスーパーを覗いてみました。
スイスの主要な町には必ずあるとガイドブックに紹介されていた「COOP」、旅の最中に大変お世話になりました。
ジュネーブ、インターラーケンオスト、ツェルマット、ジュネーブと、宿泊した町ではなぜか必ずcoopに行っておりました。

COOPで最初に驚いたのが、ヨーグルトの種類の豊富さです。商品が置かれている棚の幅は多分3~5m、上から下まで全部ヨーグルトでした。日本のコンビニで売っているのと同じサイズから、日本で見たことないくらい大きいサイズまで、サイズがまず豊富でした。 また、種類もこれまた日本では見たことのない、栗味とか見たことのないベリー系とか多分20種類くらいの味があったと思います。 さらに強調しておかないといけないのが値段です。日本のコンビニサイズでなんと50円前後。さすがハイジの国だと感動ものでした。

チーズもさすがに豊富でした。スーパーでもまん丸型チーズが売ってるんだーと感動でした。量り売りなんでしょうかね。 肉もすごかったです。これまた10mくらいある棚4つ位使って肉が置かれています。真空パックになってつりさげられている肉も多かったです。生肉じゃないのね、と感心しました。

一方でマイナスな意味で驚いたのが、魚と野菜です。
魚は、幅1m位の平置きの冷蔵ケースに、一尾づつ重ならないように美しく配置してあったのですが、20尾程度しかなかったです。山国だと感じた瞬間でした。サーモンなどは真空パックで売っています。
また、野菜は、パプリカ1個450円の値札を見たときには目玉が飛び出るほど驚きました。私の見間違いだとよいのですが、1個5フランと書いてあったような気がします。ほとんどの野菜が5フラン前後だったと記憶しています。 スイスで4つのホテルに泊まったのですが、朝食のビュッフェでサラダがあったのはインターラーケンのDoNordだけでした。 野菜高いからね~といったところでしょうか。

それ以外にも、スキンケア用品はニベアの商品が幅を利かせているとか、日本のお菓子やインスタント食品が笑っちゃうネーミング(たとえばサムライとか)で売られていたりなど、なかなか楽しめるラインナップでした。あ、日本のインスタント食品はほとんどが電子レンジでチンするタイプです。お湯を注ぐタイプを探すのに苦労しました。

それと、ジュネーブ、インターラーケンオスト、チューリッヒのCOOPにはフードコートが付いています。ここのフードコートは大皿に好きな料理をとっていき、レジで「重さ」でお会計です。 まさか重さでお値段が決まるとは・・と驚きました。 閉店間際に行くとほとんど料理がなくて悲しいですが、種類は結構豊富でしたよ。 レストランに行くのがめんどくさいときに便利です。 味はフツーです(笑)

写真はインターラーケンオストのCOOPです。駅舎の真向かいにあります。土曜日は夕方まで、日曜日は定休日です。ヨーロッパでは普通かもしれませんが、日本人の感覚ではとても不思議ですよね(笑)


Coop

|

« ハイキングの服装・荷物など | トップページ | ツェルマットでハイキングのプランニング »

コメント

野菜についてですが、一個いくらではなく、計り売りの値段だと思いますよ~!

投稿: おぐ | 2013/07/23 08:11

コメントありがとうございます。
計り売りなんですね~!よかった、そんなに高くないんだと安心しました。計り売りの単位は値札に書かないのがあちらのスーパーの普通なんですかね。教えて下さってありがとうございました!!

投稿: c7 | 2013/07/28 09:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハイキングの服装・荷物など | トップページ | ツェルマットでハイキングのプランニング »