« スイスのスーパー「COOP」を覗いてみた | トップページ | ゴルナーグラード展望台へ行く »

ツェルマットでハイキングのプランニング

ベルナーオーバーラントでのハイキングを十分に堪能した後は、マッターホルンを目指してツェルマットに移動しました。 ツェルマットでのハイキングの一番の目的は、湖面に映るマッターホルンを堪能する!です。 なので、池があって逆さマッターホルンが見られるルートに行こう、と同行者と何となくイメージを共有していました。

ですが、ベルナーオーバーラントのハイキングが、あまりにも平坦な散歩道だったのでちょっと満足度が低かった私が、「ちょっとアルペン気分(?)を味わいたーーーーい」と主張し、コースの難易度を少し上げてしまいました。ごめんよ、同行者Sちゃん。

さて、ツェルマットでのプランニングに使ったのは、日本から持ってきた普通のガイドブックと、ツェルマット駅の隣にある観光案内所でもらったハイキングマップです。 ツェルマットでは、インターラーケンで発見したような登山列車等の時刻表はありませんでした。 ネットでも見つけられなかったんですよね。

P1060526_2

それと、ツェルマットでも念のため1/25000の地図を購入しました。 地図はツェルマットのメインストリートであるバーンホフ通りに面したお土産屋さん、WEGAの地下一階にある書籍コーナーで購入しました。25フランでした。 ツェルマットの地図もお土産にしてもよいくらい美しい地図で、時間を忘れてうっとり眺めてしまいました。 地図の大きさはたたむと某有名ガイドブックサイズ、広げると模造紙サイズです。

写真は、右が1/25000の地図、左が観光案内所でもらったハイキングマップ(広げるとA4くらいの大きさ)です。
観光案内所でもらったハイキングマップはポンチ絵なのですが、表が冬版、裏が夏版でした。 夏と冬では描かれている雪の量が違うのです(笑)


そしてホテルで同行者と作戦会議をした結果、ツェルマットでは
初日
ゴルナーグラート展望台に行き、そこからリッフェル湖を通ってリッフェルアルプ駅まであるいはツェルマットまで下るコース

二日目
マッターホルングレッシャーパラダイス展望台に行き、その後トロッケナーシュテーク(Trockenerteg)駅でゴンドラを降りて、シュヴァルツゼーパラダイス展望台まで歩く「マッターホルングレッシャートレイユ」コース

三日目
スネガパラダイス展望台とライ湖をハイキング

というコースにしてみました。

コースを決めた後は、晴れますようにとかなり真剣に祈りながらさっさと寝てしまいました。 早起きは三文の得ですからね(笑)

|

« スイスのスーパー「COOP」を覗いてみた | トップページ | ゴルナーグラード展望台へ行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スイスのスーパー「COOP」を覗いてみた | トップページ | ゴルナーグラード展望台へ行く »