« ハイキング③ゴルナーグラード~リッフェル湖~リッフェルアルプ駅 | トップページ | ハイキング④ グレイシャートレイユコース »

マッターホルン・グレイシャー・パラダイス展望台へ行く

マッターホルン・グレイシャー・パラダイス展望台は、標高3883m。 富士山の山頂より高い所にある展望台です。 そんなところにロープウェイやゴンドラを乗り継いでハイヒールでも行けてしまうって凄い!と思っていたので、絶対に行くと決めていました。

マッターホルン・グレイシャー・パラダイス展望台へは、ゴンドラリフト、ロープウェイを乗り継いでいきます。ゴンドラリフト乗り場は、ツェルマットのバーンホフ通りをマッターホルンの方向にかなーり歩いたところにあります。 鉄道の駅から丸々20分くらい歩いたでしょうか。 家もまばらになって川沿いに出ると、対岸に渡る橋のところにゴンドラ乗り場の表示があります。 橋を渡りエレベーターや階段で上の階に行くと、チケット売り場とゴンドラリフト乗り場があります。
写真は対岸に渡る橋と上の方にゴンドラリフト乗り場です。
P1050331


何時からゴンドラリフトが動いているのかがよくわからなかったのですが、山は早出が基本だから朝の6時や7時だったらすでに動いているだろうと勝手に想像して、少し遅めのつもりで朝8時に売り場に到着したのですが、なんと9月中旬はすでにシーズンオフ?扱いで8時半運行開始でした。 時刻表がチケット売り場横の掲示板に貼ってあったのですが、運行時間は2~3週間ごとに変化するようです。驚きました。 
チケット売り場には8時の時点ですでに20~30人がプルプル震えながらなんとなく列を作っていました。 プルプル震えている訳は、気温が0度だったからです。 晴天だったんですが、ツェルマットは谷間にあるので町全体に太陽の光が当たってなかったのですよ。 私も持っていた上着を全部着込んで列に加わりました。 

さて、8時20分くらいからようやくチケット売り場の窓口が開きました。結構スムーズに前の人たちの発券作業が進んだので、そんなに待たずに私たちの番がきました。私たちはこの日、展望台に行った後に、展望台の一つツェルマット側のトロッケナーシュテーク(Trockenrsteg)駅で途中下車してハイキングをする予定だったので、下で片道切符を買って、展望台でトロッケナーシュテーク駅行きの切符を買おうと思っていたのです。なので、「マッターホルン・グレイシャー・パラダイス展望台まで片道のチケットください」と言ったら、返事はまさかの「駄目だ!」で面喰ってしまいました。
理由を聞くと、「上は氷河なのにお前たちは歩いて降りてくるつもりか。危険だから往復切符を買いなさい」との事だったので、地図を見せながら「展望台まで行ったら、トロッケナーシュテークで下車してハイキングしてからツェルマットに戻ってくるつもりなんだけど」と伝えたら、「じゃあ、そのルートでチケットを発券するから」と言ってツェルマット~展望台~トロッケナーシュテークの切符とハイキングの終点のシュワルツゼー・パラダイス~ツェルマットの切符を1枚の切符にまとめて発券してくれました。
そういう買い方もできるのね~と感心しましたが、展望台に上がって理由がわかりました。 展望台にはゴンドラリフト・ロープウェイのチケット売り場はありません(汗)。 必ず行きと帰りの両方の切符を買いましょう。
切符はカードで買えます。スイスパスで50%割引でした。

なんだかんだで切符買うのに結構時間がかかりましたが、ゴンドラリフトなので次々と箱がやって来てすぐに乗ることができました。昨日雲で見えなかった山並みを見ているとすぐに乗り換え地点のフーリに到着です。ここでトロッケナーシュテーク方面の大型のロープウェイに乗り換えるのですが、ここでもまたトラブル(?)が。 シュワルツゼーパラダイス方向のゴンドラリフトは動いているのに、トロッケナーシュテーク方面のロープウェイが動いてなくて、乗り場に入るゲートが閉じているのですよ。 結局朝の9時が始発だったらしく、9時ちょい前にやっとゲートが開きました。 寒かった・・・(涙)。
そして、次はトロッケナーシュテーク駅で無事ロープウェイを乗り換え、窓から圧巻の氷河とマッターホルンを見ながらマッターホルン・グレッシャー・パラダイス展望台に到着です。 

ロープウエーを降りるとコンクリむき出しの長いトンネルに入ります。結構長いトンネルで、頑張って歩いてトンネルを抜けるとそこは一面銀世界でした。なだらかで、だだっぴろい場所で、スキーのゲレンデでした。 私は勝手にトンネルを抜けたところに展望台の出入り口があるのだろうと思っていたので、あまりの予想外の光景にしばし唖然としてしまいました。 なんか頭が思考を拒否してしまい、出口すぐ手前にあったお土産売り場兼喫茶店に撤退しました。 熱い紅茶を飲みながら一息ついて、ここはスキーのゲレンデなんだと納得し、私たちが求めていたマッターホルンが見える展望台はどこにあるんだろうと同行者話して、ロープウエィの入り口まで戻ってみることにしました。
写真はトンネルの出口部分のゲレンデです。 ほんとにスキー場ですよね・・・
P1050341


トンネルを戻ってみると、途中真ん中くらいにエレベーターホールがあり、このエレベーターが実は外の展望台部分に行くエレベーターでした。最初はエレベーターの存在すら気がつかず素通りしてしまいましたよ。 
一応「Gipfellift」という看板があるのですが、目線より下にあったので・・・。 gipelはドイツ語で山頂という意味らしいです。
そして、無事展望台行きのエレベーターに乗ることができ、待望の展望台で外に出たら、景色は最高ですが、寒いのなんの! 一応薄手のダウン着てたのですが、寒すぎでした。 寒さをこらえつつもマッターホルンの雄姿に感動し、ブライトホルンの近さに感嘆し、氷河の美しさに目がくらみ、夢を見ているかのような光景でした。 これは一見の価値ありです! 本当に寒いので風を通さない上着が必要ですが。
寒さに耐えきれなくなったところでエレベータに戻り、トンネルを通ってロープウエィに乗り込みました。
写真はトンネルの中のエレベーター乗り場の看板です。
P1050344

マッターホルン・グレッシャー・パラダイスは、かなりそっけない作りの展望台で、スキーのゲレンデの入り口兼スキー場の休憩場的役割がメインなんだろうと思います。 売店もどちらかというとあまり充実しておらず、喫茶店も軽食しか出てこない雰囲気でした。 なので、スキーやスノボをする方以外は、一日中いる場所ではなく、滞在時間が1時間もあれば十分だと思います。

スイス国内のとある山道具の店で、店員さんに「ツェルマットに行くんだー」と言ったら「それはいいね、スキーに行くの?」と最初に言われて、夏にスキー?と首をかしげたのですが、意味がよくわかりました。 そういえば、ゴンドラリフトもロープウエィのお客さんは結構な割合でスキーやスノボの板持ってたな・・と。

でも、景色は本当に圧巻でしたので、一度は行く価値あり!です。

|

« ハイキング③ゴルナーグラード~リッフェル湖~リッフェルアルプ駅 | トップページ | ハイキング④ グレイシャートレイユコース »

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

投稿: 履歴書の封筒の書き方 | 2013/10/09 10:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハイキング③ゴルナーグラード~リッフェル湖~リッフェルアルプ駅 | トップページ | ハイキング④ グレイシャートレイユコース »