« ツェルマットでハイキングのプランニング | トップページ | ハイキング③ゴルナーグラード~リッフェル湖~リッフェルアルプ駅 »

ゴルナーグラード展望台へ行く

ゴルナーグラード展望台は、レンガ風の外壁と屋根のシルバーのドームの重厚な外観が素敵な展望台です。 マッターホルンの眺めが素晴らしいと評判のこの展望台に、ツェルマットに到着した翌日に早速訪れたのですが、あいにく雲で景色ゼロ!の結果に終わってしまいました。

朝起きてホテルの部屋の窓から外を覗いたときからちょーっと嫌な予感はしていたのです。 部屋はマッターホルンが見える部屋だったのですが、当日は雲が厚くかかっていて山がまったく見えなかったので。 でも、せっかくだから行ってみようと思い、雨具を持って出発しました。

ゴルナーグラード行きの登山鉄道駅はツェルマット駅の目の前にあるのですが、日本人がイメージする駅の外観とは全く異なっていて、最初は駅だと気がつきませんでした。 観光案内所の人にも聞いたのですが、「目の前にあるじゃない」と言われても、全く駅だとは認識できず。 お土産やの入り口だと思っていましたよ・・・。 観光案内所の人にはきっと「あの日本人何寝ぼけたこと聞いてるのかしら、目の前に見えているじゃない」と思われたのに違いないです。 
写真がツェルマットのゴルナーグラード鉄道駅です。
Gornergrat_bahn


そんなトホホなスタートを切ってしまいましたが、駅で終点のゴルナーグラード展望台駅までの往復切符(スイスカードで50%OFFの40F、クレジットカード可)を購入し、早速電車に乗り込みました。 あいにくの天気だったので電車もあまり乗客がおらず、ボックス席をゆうゆうと占拠しながらの移動です。 晴れてなかったので何とも言えませんが、雲の隙間から何となく見えた景色を考えると、電車の席のお勧めは進行方向に向かって右側です。

さて、30分ちょっと電車に揺られてようやく到着したゴルナーグラード展望台駅は、予想通り分厚い雲がかかっていました。 駅前はちょっとした広場になっていて、そこから雄大な氷河とマッターホルンが見える予定だったのですが、すぐそこにあるはずの氷河までも全然見えず、ちょっと泣きたくなりました。
写真は展望台駅前の広場で、真っ白い雲がかかっているところに晴れていれば氷河と山が見えるはずだったのです。 残念!!!!!!!!!!!
Gornergrat_station

でも、せっかく来たので展望台周辺を散歩してみることに。
駅が展望台の一番低い位置にあるので、まずは坂を登ってレンガ造りの建物を目指します。レンガ造りの建物は1階がお土産屋、2階がレストランとホテルになっていて、私たちが到着した10時半過ぎにはすでにオープンしていて、大勢のお客さんが中にいました。 天気が悪くて寒かったから、皆暖かい屋内に避難したのでしょう(笑)。
私たちは建物の中は後で立ち寄ることにして、建物の裏側にある高台を目指しました。
高台にはベンチや方位別に見える山の案内板などがあり、天気が良ければ絶景が楽しめるのになーといった雰囲気の場所でした。 ですが、小雨が降ってきて寒くなったので10分程度いただけでさっさと撤収です。

建物の中に入ってお土産屋を物色したあとは、2階のレストランへ行き暖かい飲み物を飲んで体を温めました。
2階のレストランはビュッフェ形式になっていて、がっつり食事をとることができます。 飲み物だけでも全然OKですし、何時間粘っても追い出されません。私たちも天候が回復しないかなと昼食をとりつつ2時間は居座っていました。 

あと、ここのビュッフェはwi-fiが無料で使えます。 1階では電波が入らず2階だけでしたが。 スマホのwi-fiのスイッチを入れれば勝手に接続できましたよ。
Gornergrat


|

« ツェルマットでハイキングのプランニング | トップページ | ハイキング③ゴルナーグラード~リッフェル湖~リッフェルアルプ駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツェルマットでハイキングのプランニング | トップページ | ハイキング③ゴルナーグラード~リッフェル湖~リッフェルアルプ駅 »